介護におけるホームヘルパーの仕事

人は時期や期間こそさまざまですが、いつかは疾病や障害により心身機能が低下し、自分ひとりでは生活行為ができなくなることがあります。

そのため、それまで通りの生活を継続して営むために他者からのサポートを必要とします。

 

特に、在宅での生活を営むためには衣食住の生活環境を整え、心身の健康状態を維持して、社会生活を営むためのサポートとして介護の仕事があるのです。
介護は、単に不自由な人をサポートするだけの仕事ではなく、その人がひとりの人間として社会生活を営んでいくための自立支援のサポートです。
自立支援の基本は、利用者の理解と信頼関係を結ぶことが基本です。

 

社会的に孤立しがちな高齢者や障害者にとって、ホームヘルパーは社会の窓口といえます。
外部との唯一の接点になる場合すらあります。初めて会う初回訪問では、何かと緊張するのはホームヘルパーだけではありません。なにより利用者の方が不安に感じていることが多いです。

 

加えてこれから自分の生活をサポートしてくれるホームヘルパーがどのような人か興味をもって見ています。第一印象は、今後に行うヘルプサービスの成否を左右するほど大切なものです。
2回目以降の訪問にしても、それまで築き上げた信頼関係を壊さないために、言葉遣いや行動が重要になります。

介護におけるホームヘルパーの資格について

ホームヘルパーは、都道府県知事の指定する『訪問介護員養成研修』の課程を修了した方をいいます。
講習課程には1級と2級があります。2級取得者の需要が多いので一般に2級課程から取得する方が多いようです。

 

国家資格ではありません。これは訪問・夜間対応型訪問・定期巡回随時型訪問看護に従事する際の必須資格であり、その他のサービスに従事する場合は所有している必要はありません。
具体的な仕事内容は身体の介護全般を行うことです。簡単に言い換えると、生活の支援が主な内容です。

 

具体的には、食事、着脱、排泄、入浴、清拭といったお世話を行います。
また、家事全般に関しても同様です。炊事・洗濯・掃除・整理整頓・買い物・各種手続きなど、体の状態に合わせて必要なサポートを行っていきます。

 

そして、これらが必要な方を持つ家族や、これら必要かどうかのボーダーライン上にいる人などに対して、相談または助言をしたりも行います。
そのようなことが、ホームヘルパーの仕事のひとつとなっています。認定されている人の場合は、自力で立ち上がることも困難なことが多くあります。

 

ですから、まずは移動することをサポートします。そして、生活基盤となる家事全般(食事、排泄)といった事を支えていき、生活環境を整えていきます。

介護資格の種類とその内容について

まず、ホームヘルパー(1〜3級)ですが、(2013年度より初任者研修や実務者研修という名称に変更されているので注意)、これは、日常生活を営むことが困難な高齢者や障害者などの自宅を訪問し、家事などを手伝い援助を行なうものです。

 

ケアワーカーとは、高齢者や障害者などの身の回りのお世話や相談に応じるなど、サービスを直接行なう援助者のことです。
ガイドヘルパーとは、車椅子の方などが外出するとき、付き添って手助けを行います。

 

ケアマネージャーとは、要支援などの認定を受けた人からの相談を受け、生活環境や生活動作などを調べて、医師の意見や支持のもとにケアプラン(居宅サービス計画)を作成します。
介護福祉士(国家資格)とは、専門知識と技術をもって、要介護者(高齢者や障害者)など、日常生活を営む上で、身体的精神的自立を助けるために、入浴やお食事や排泄などの支援を行ない、その家族への指導を行ないます。

 

他に、ケアクラーク(保険事務管理を行なう)や、理学療法士(国家資格で、運動療法や物理療法を用いてリハビリテーションを行ない、高齢者や後遺症の方の機能回復を促す)があります。
また、公的ではありませんが、サービス介助士(おもてなしの心と介助知識で様々な面でサポートを行なう)や、高齢者コミュニケーター(悩みを聞いたり癒しを与える)といったものもあります。