介護専門職のプロとして仕事を向き合うことが重要です

ホームヘルパーは福祉サービスの専門職の主要なメンバーです。
多くの医療、保健、福祉の専門職との連携によって利用者の信頼を得るのです。
親切な隣人であるというレベルに留まらない福祉サービスの仕事を行います。

 

また介護を必要とする一人ひとりの高齢者や障害者が、最も頼れる身近な人でなければなりません。
利用者とホームヘルパーの良い関係は相互間の信頼が大切です。
そのためには、自分を成長、成熟させなければなりません。

 

ホームヘルパーが利用者に信頼されるためには、まずホームヘルパー自身の心身が健康であることが前提となります。
健康でなければゆとりのある態度、全面受容の姿勢、節度のあるサービス、十分な目配りを続けることができないからです。
健康維持のために平素から節制に心掛けることが大事です。

 

専門職として豊かな人間性とともに、介護技術、系統的な知識の修得に努めることも怠ることはできません。
さまざまな機会をとらえ、研修に積極的に参加することも大切です。仕事の質を向上させるためには、自己評価とともに第三者評価も大事になります。
ホームヘルパーも他の職種同様、それぞれの能力、人物以上のサービスは不可能です。そのため自分自身を見つめることが重要になります。